みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

ミニマリストと読書習慣の付け方

スポンサーリンク

 

f:id:mirin9:20191124062912j:plain

 

 上記の写真は僕の実家の本棚である。漫画と小説だらけ。昔から漫画が大好きで、中学生からは「小説」を定期的に読むようになった。数年前からは「ビジネス書」「エッセイ」「自己啓発本」その他、なんでも読むようになった。

 そんな自分の読書習慣がより加速している事に最近気が付いたので、その事を書こうと思う。

 

 ミニマリストになってから出来るだけ本を買わなくなった。

 しかし、読書の数量は相当増えた。以前までは年間20冊程度だったが、ミニマリストを志したここ1年は月に6,7冊ほどは読んでいるから年間75冊くらい。

 

 異様に増えた読書習慣について自分なりにどうして増えたのかを考えてみた。

 

 

①図書館を利用するようになった

②Kindleを利用するようになった

③ものを捨てたことで読書できる時間が増えた。

 

 この3点で書いてみようと思う。

 

①図書館を利用するようになった。

 読書の習慣がより増加したのは。図書館の利用がとても大きい。

 ミニマリストになって実際に購入して自分の部屋に本を増やすのはためらわれたし、それなら無料で貸してくれる図書館に毎週通おうと決めてから良い読書習慣が身についていったように思う。

 僕は埼玉県に住んでいて、公立の図書館を利用している。利用するようになってから、こんなに便利になっているのかと驚いた点はインターネットとの連携だった。

 

・検索機能

 まず図書館に会員登録を済ませる。もちろん図書館内でも検索でその図書館に蔵書があるのかを検索できるが、それが図書館の専用ホームページでも可能なのだ(さらに、その図書館だけでなく近隣の図書館のデータベースもひっぱってきてくれる!)。

 

・予約機能 

 そのホームページでは30件までは予約をする事ができる。常に生活の中で気になった事、著名人のおすすめの本、もしくは本屋さんで平積みされている気になった本があったらすぐに図書館ホームページで調べる習慣を作った。

 購入、となるとなかなか手が伸びなくても、ホームページですぐに検索するくらいならすぐに出来る。もちろん人気の本は相当長い順番待ちだが、新刊ではないほとんどの本はそのページで予約さえしておけば数日後には準備しておいてくれる。

 

 こんなに便利で無料な図書館を使わない手はないと完全にルーチンに取り込んでしまった。1つだけ難点をあげるなら、本を借りる時にお金が発生しないことだ。やはり著者の方にお金が流れるのも正しい形だと思うし、自分がお金を払っているからこそ真剣に読書するという事もある。ただし、読書へのハードルはぐっと下がる。

 読書習慣の向上には図書館へただ通い続ける事。

 

 そして別の媒体で紹介されて興味が沸いた時に、予約し、そして借りて読むという事は返却期限があり、時間制限があるからこそ読み切るという事も多いと思う。

 

 

・さいたま県図書館HP

さいたま市図書館 - トップページ

 

 

 同じようなサービスは日本ならばおそらく何処でも受けられるだろうし(小さすぎる街なら多少不便さはあるかもしれないが)、図書館を利用しない手はない。

 そのためにも僕らは住民税というものを払っている。住んでいる土地から助けてもらうのに躊躇う必要はないと思う。

 

-

 

②Kindleを利用するようになった

 今更ではあるがKindleとは、Amazon.comが販売する電子書籍リーダー、ならびに、コンテンツ配信をはじめとする各種サービスのことである。

 

 昔は絶対に紙の本が良いと思っているタイプだった。本を一枚ずつめくっていく感覚。ハードカバーの重さ。雰囲気を含めて好きだったからだ。

 

 しかし最近の読書の半分は通勤電車で携帯で読んでいる事が多いため導入を決め、ミニマリストになった今では、電子書籍で買ってしまえばよかったのにとすら思うようになった。

 まだ日本は電子書籍が浸透しきっている文化とは言えないが、相当に種類も増え、Amazonが行っているKIndle Unlimitedでは月額980円で膨大な書籍から気軽に読書を楽しめるようになった。僕はよく三か月100円などのセールの際に利用している。

 

 

 携帯に一つの図書館が押し込められ、そして検索すればぱっと該当の本が出てくる。

 魔法みたいな時代が来たものである。例えば旅行にいくときのガイド本など、わざわざ書店で買い物をしてまで買わないもの等をさっと検索をかける事によって読む事が出来る。こちらも読書に対するハードルが大幅に下がる要因になったものだと思っている。

 

 

-

 

③ものを捨てたことで読書できる時間が増えた。

 

 ものを捨てた事によって様々な雑事から解放され、また生活がシンプルになったおかげで読書量はとても増えたと思っている。

 重複にもなるが二点が重要なポイントだと思っている。

 

・ものを捨てた事でKindleで購入するので気軽にいつでも携帯で読めるので読書量が増えた。

・ものを捨てた事で図書館で「借りる」事しかしなくなり、制限時間を設けられたので読書量が増えた。

 

 もちろんミニマリストにならなくても読書習慣は付くが、それらを加速させる要因になると思います。