液体窒素と兎の唄

まだ生きてる

僕が時給3円のバイトをする理由

スポンサーリンク

f:id:mirin9:20191125192049j:plain

こんばんはみりんです。

  みなさんは楽天チェックというアプリをご存知でしょう

か。楽天が運営する「お店に行くだけで楽天ポイントが貯まるというサービスの事です。楽天ポイントは1P1円として様々なお店で使う事ができます。

 

 ポケモンGOのようにチェックポイントへ毎日いくと実際にお買い物で使えるポイントがもらえると想像してもらえると嬉しいです。

 

 これを僕はとってもおすすめしたいなぁと思っています。

 今はこんな場所でもらえるみたいです。

 
● コンビニ:ローソン/ポプラ
● スーパー:マルヨシセンター/サンシャイン/どんたく/マルフジ/マツゲン/プラッツ/パークス/オギノ/ジョイス/ロッキー/いなげや
● 百貨店/商業施設:天満屋/町田ジョルナ/BRANCH/大丸/松坂屋
● ドラッグストア:マツモトキヨシ/レデイ薬局/メディコ21
● アパレルショップ:Right-on/メガネストアー
● 家電量販店:上新電機/エディオン
● ライフスタイル:STORY STORY/ホームセンターヤマキシ/グッデイ/ナンバ/ダイシン/ジェームス
● グルメ:マクドナルド

 

 僕はあえて通勤時間に遠回りをしたり、一日を一食にすることにして、その分をお散歩だったりに割り当てて、ローソンに一日に3回(別店舗で3回来店が限度)、一週間に一度マツモトキヨシに行くことをいつの間にか習慣にしています(週に1回なんと10Pがもらえます!)。

 

 しかし冷静に考えてみれば、近隣のローソンをうろうろと廻ったところで一日で3ポイント、3円しかもらえないとも考えられるかもしれません。知り合いはなんでそんなことやっているのと笑われた事もありました。

 

 それでもこれを三か月ほど続けて、気持ちのブレイクスルーがあったのでそちらをお話ししたいと思っています。

 

 一応は楽天は1Pを訪れた人に差し上げるという形でユーザーに対して、ミッションを貸していると思ってください。

 そして僕はそれに応じて、毎日ローソンの自動ドアを開いて、スマホを取り出してチェックインします。

 これは本当に小さなバイトだと思っても良いのではないでしょうか。

そして、そのリターンというのはとっても小さい小さい1円の価値の1Pなのです。

 

 これを毎日続けていると、その1円の価値みたいなものが自分の中でじわりじわりと効いてくる感覚があるんです。

 10分歩いて1円。別についでにやっている事ですし、稼いでやろう!とかそういうつもりで始めたことではなかったのですが。

 徒労だからこそ…確実にそのお金というか、時間や価値を大切にしたいと思うようになるのです(だって毎日毎日ローソンにお散歩で通い詰めて120回来店しないとジュースも買えない事なんです)。

 

 アルバイトでも日曜に一回入れればいいじゃないかと言われてしまうかもしれません。

 なんなら友達に頭を下げればジュースくらい奢ってくれる事だってあると思います。

それでも、この何気ない1Pが毎日ちょこちょことじわじわと溜まっていくのを見るたびに、僕はお金や時間って大切だよなぁ!と再確認できると最近思っています。

 

 ミニマリストの話とは今日は少し違いましたが、読んでくださってありがとうございました。