みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

マルチタスクとシングルタスクのミニマリズム

スポンサーリンク

 

f:id:mirin9:20191126061622j:plain

マルチタスクとシングルタスクの違い。

 

 「あれもやらなきゃいけない」「これもやらなきゃいけない」と頭が散らかっていると、マルチタスクならどんなにいいだろうと思った。

 仕事はすすまない!

 仕事にとりかかっても別の案件が飛び込んでくる!

 別の不安をよぎる!

 非常に効率がそがれて、マルチタスクな自分なら混乱しないですむのにと思ったこともあった。

 

 

 しかし調べてみるとマルチタスクとは本来無いという事実にぶつかった。

 当たり前だけど、人間は一度に複数の事を考えられない。

 オレンジ色を想像している瞬間にカーキ色を頭に差し込めないように。

 

 男女で女性のほうが同時進行で物事を進められやすいという考えはあるそうだが、切り替え安いという事や記憶の一時保管が上手という事なのだと理解した。

 

 しかしそれでも、少しでもマルチタスクに近づきたいと思ったり、いかにしてシングルタスクを極めるかを半年ほど考えてみて、僕なりに考えた事を書こうと思う。

 

 

 

  • マルチタスクの真実

 

 言うなれば、おそらくマルチタスクとは、冷凍保存と解凍の上手い人の事を言うんだと思う。

 

 例えばアプリケーションでオート戦闘モード(冷凍)にしながら、五分間漫画を読む。五分後に開いて報酬を受け取り(解凍)、次のオート戦闘の指示を行って(冷凍)、また五分漫画を読む。

 

 例えば料理。7分間パスタを茹でる(冷凍)。片手間で野菜を切って、調味料を混ぜてスープを作る。7分後アラームが鳴り、パスタをざるの上にあけて、水を切る(解凍)。

 

 仕事で朝メールを取引先に出す(冷凍)。別の仕事に取り掛かる。こなしおわってからメールソフトを再度立ち上げて、またメールを返す(解凍)。

 

 結局、同時進行できること(例えばそれはゲームが勝手に戦闘してくれること。例えばそれはコンロが水を温めパスタを茹でてくれること、例えばそれは相手先の人が応答してくれること)。それをうまく使い分ける事をマルチタスクというのだと思う。

 

 だからこそ、正確にはマルチ(複数の)という意味合いは多少異なっていて、シングルをいかにして綺麗に整えて、並べ、走らせ、切り替えをうまく行う事なんだと思う。

 

 

 

f:id:mirin9:20191126061319j:plain

 

  • シングルタスクの向上方法

 頭の悪い自分はいかにして仕事の効率をあげるか。結局のところ2点での向上が自分に見られたので、そちらを書いていく。それは「通常時の精神の安定」。そして「整理整頓(空間、時間)」しかないという結論に至った。

 

 

「通常時の精神の安定」

 

 普段から体調が悪い、眠い、色々な事が気になって仕事が進まないというのは言語道断ではあるが、結局効率をあげるにはマシンスペックを安定させなくてはいけない。

 

 健康な食生活

(食欲を暴走させるジャンクフードは避けて、バランスの良い食事)

、運動習慣

(適度な筋トレと、ほんの少しでも動く癖をつけること。洗い物や、散歩)

、睡眠時間

(人間はほとんどの場合7.5~8時間が適正睡眠時間であり、それ以下は通常時の判断能力の低下が著しく起るというデータもある)

 

それに加えてマインドフルネスを向上させる瞑想。

 

そして普段から決断疲れを増やす断捨離、ミニマリズム。

 

 可能なかぎりのシンプルな暮らしは散らかった部屋も散らかった心も安定させる。

 これはシングルタスクの効力を著しく向上させた。

 

「整理整頓(空間、時間)」

 

  • 空間

 

 効率よく仕事をこなすには整理整頓が大事だ。僕はデスクも出来る限りシンプルにしてある。設けたルールは1つだけ。

 

 使うものしか出さない。できるだけすぐにしまう。

 

 よく机の上はパソコンにおけるメモリだという考えがある。 

 余裕をもってとりくむためにできるだけデスクにモノを出さないようにした。空間に余裕があるという事は、その分雑念にもとらわれないし仕事の効率は上がった。

 

 

  • 時間

 

 必ずやる仕事に順序をつけるという手順を踏むことにした。机の上に付箋を並べて、それをパソコンのディスプレイの右はじに、こなす順番からペタペタはっていく。

 そして、一次保留の仕事が発生した場合は一旦保留のため、右はじの下の部分に貼る事にした。

 これが唯一の僕の中ではマルチタスクと呼べるものになるんじゃないかと思っている。

 

 

 ごちゃごちゃと散らかった毎日を生きていて、それを少しでもシンプルにしよう、ミニマルにしようとこういった努力を一年ほどで行いました。

 参考になったら嬉しいです。

 読んでくださってありがとうございました。