みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

スマートフォンに触れる時間をミニマルにする。

スポンサーリンク

 

f:id:mirin9:20191209191840j:plain

 

 

 こんばんは。ミニマリストのみりんです。

 

  スマートフォンって超便利ですよね。

 いつも思うんですけど、スマート(Smart) フォン(Phone)じゃないですか。

 じゃあスマホじゃなくてスマフォですよね。

 

 

 ビビットじゃない!ヴィヴィット!みたいな…

 でもこれを会社で行っても友人の間で行っても「だからなんだよ!」って言われて終わるので言ったことありませんでした。

 

 そんなどうでもいい話です。

 

 閑話休題

 

 今日はスマホとの付き合い方について記事を書いてみようと思います。

 結論から言うと

 あなたの時間を大量に奪ってしまうものなので、触れる時間をしっかり自分でコントロールできるようになりましょう!

 

 ミニマリストとして、スマホとも最小の付き合いで最大の効果が得られるように多少の工夫を僕は行っているので以下四つの手段がありますよ、という紹介記事になります。内容は下記の4つ。

 

  1. 通知をすべて切る

  2. ソシャゲはそれなりに

  3. TOP画面をしっかり整理する

  4. 使う時間を制限する

 

f:id:mirin9:20191209191812j:plain

①通知はすべて切る

 

 僕はLINEの通知すら切っています。

 多分一番何気なくぼくらから注意や決断力を奪っているのが通知じゃないでしょうか。 

 

 ゲームからのスタミナ回復しましたよ通知。

 Twitterのお気に入りされました通知。

 Gメールからのメール通知。

 

 通知通知通知。それらを右フリックする事に一日たとえば5分使っていたとしたら、7日で35分。1か月で2時間ちょい。1年で24時間くらい。

 本当はもっと使っていると思います。

 ゲームをする時間を決めること。メールを確認することを決めること。

 

 あくまでもスマートフォンに振り回されるのではなく、スマートフォンを扱っている人になりましょう。

 

 

 

②ソシャゲはそれなりに

 

 僕は数年前はパズドラが好きでトータルで10万ほど課金していました。

 ソシャゲは毎日毎日こんな感じ。

 『レベリング、レベリング。そしてレベルアップさせてお金を使ってガチャをして、また強い敵が出てきて倒す。レベリングレベリング』

 

 駄目とは別に思ってません。友達と煽り合ってガチャを引きあっていたのも楽しい青春の1ページではあったと思います。

 

 しかし、結局今思えば、もうちょっとスマートな付き合い方があったと思います。

 得られた物と払った物のつり合いがあんまり取れてないかなぁと思います。

 

 物語の完結がない状態で延々と

 お金を吸い上げるだけ吸い上げさせる。

 ずっと似たようなレベルアップ作業をさせる。

 

 これはあんまり健康的ではないなぁと思っています。

 とっても楽しかったし、とっても綺麗な絵、楽しいゲーム、完全に無駄とは言いたくありませんが、それなりの付き合い方でいいんじゃないでしょうか。

 

 

③TOP画面をしっかり整理する

 

f:id:mirin9:20191217184455j:plain f:id:mirin9:20191217184459j:plain

 

 僕のスマホのTOP画面が2画面構成しか使いません。良く使うものだけをしっかり右手の片手で触れられる位置にセット。

 たくさん触れる事が良くないアプリは隔離して右画面に格納してあります。

 スマートフォン画面もすぐに目的に到達できるようにミニマルに!と心がけています。

 背景も昔は好きな写真とかを貼っていましたが、もう、出来る限り雑念が入らないように真っ白にしています。

 

④使う時間を制限する

 

 ブルーライトは目を冴えさせてしまう効果があります。スマートフォンをずっと見てしまっていたから、なかなか寝れないなんて、みなさん経験があると思います。

 僕は11時以降には携帯は触らないようにしています。

 アラームなんてつけてみたらもっと効果は上がると思います。

 

 

 と、上記のような事を気を使ってスマートフォンとのかかわりもミニマルにしているみりんでした。

 なにかの参考になったら嬉しいです。

 

 今日も見てくださってありがとうございました。