みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

過去は全て終わった事だし、未来はまだ生まれてもいない。今にだけ集中して生きていこう。

スポンサーリンク

 こんにちはミニマリストのみりんです。

 このブログでは少しでも読んでくれた人が、そして僕自身の肩から荷物が降りるような情報を発信しています。

 f:id:mirin9:20191224185424j:plain

 

 人間は今の事だけを感じるべきだと思っています。

 

 未来の不安に押し潰されたり、過去の経験がトラウマになったり。

 人間だけですよ。多分そんなの。

 

 動物はいつでもただ、その時だけを生きているじゃないですか。

 その証拠に例えば巨大隕石が落ちてくるって分かって恐怖のあまり自殺したり叫び回るのはきっと人間だけだと思うんですよ。

 

 そう苦しい時が来たら、その時だけ苦しめばいい。

 

 だから今にだけ集中していきるべきだって思うんです。

 

 そして自分にだけ集中していくべきだって思います。

 

 人間って結局最後は死ぬわけじゃないですか。

 どんな有名人もアーティストも豪傑も偉人もみんな死ぬっていうゴールに向かってて、人生というタイムリミットに向けて進めてるわけじゃないですか。

 じゃあ何で、こんなに回りに僕らは合わせてしまってるんだと思いませんか。

 働くなんて自分を殺す行為の最たるものじゃないですか。

 出来る限りそういったものとは無縁で生きるべきだし。

 例えば環境側がしっかり生きろとか言われて苦しんでる人っていっぱいいると思うけど。

 

 例えば、今できる範囲で出来る限り楽に生きるべきだし、出来るかぎり楽しく生きるために、それだけに集中していくべきだって思います。

 

f:id:mirin9:20191209191840j:plain

 

 その自分に対してしっかり生きる事ってやっぱり自立ってすごい大事だと思うんですよ。

 自分が自分の事の面倒をしっかり見れている。

 自分の立ち位置を明確に出来ている。

 そういう事がひとつの幸せの指標になると思うんですよね。

 

 なんとなく与えられたものって結局その人の「普通」ってものにカテゴライズされてしまって、幸せの指標にならないと思うんです。

 

 例えば、僕ら日本人はお水が水道から出てくるのに幸せを感じる事は出来ない。

 でもお水が飲めない地域で、綺麗なお水を手にするために努力して飲めるようになった人は僕たちと環境は同じなのに、絶対に僕らより幸福感を手に入れていると思うんですよ。

 

 だからこそ、昔は僕は「生活保護」って楽で本当に羨ましいし、いっそそんな風になれたらなんて思っていたんですが絶対に幸せになれないと最近は確信しています。

 

 自分で手に入れたお金で。自分が手に入れた知識で。自分が手に入れた能力で。

 それがきっと幸せを感じることが出来る条件になってくると思います。

f:id:mirin9:20191224185419j:plain

 

 そんな理由で僕は「今」に集中すること。

 「自立」して生活すること。

 

 それが幸せへの一歩だと思っています。

 ミニマリストらしく最後にまとめると。

 

 

 過去も未来も存在しないものを捨てましょう。

 自分の事をきっちり把握するために自分の周りにあるモノをどんどん捨てて、自立しましょう。

 きっとそれが幸せにつながるとおもっています。

 

 読んでくださってありがとうございました。