液体窒素と兎の唄

まだ生きてる

一年間で60時間を自由にする方法。時間のミニマリズム。

スポンサーリンク

f:id:mirin9:20200111162446j:plain

 こんにちはミニマリストのみりんです。
 このブログでは読んでくれた人の肩が軽くなるような情報を発信しています。
 
 
 生きているといつの間にか、あなたの時間を奪うものが勝手にくっついてきています。
 
 それはもう気づかないうちに忍び寄っています!
 いつの間にかあなたは疲れているんです!
 今日もおつかれさま!
 
 本日は時間を取り戻す方法を、
 四つ紹介しようと思います。
 
 
  • ①通知をすべて切る
  • ②パソコン、スマホの背面を黒にしろ。充電ももつようになる!
  • ③時間がない、という固定概念を捨てる。
  • ④物を捨てる
 

①通知をすべて切る

 
 仕事をしている最中になにか声かけられるとストレスということはないでしょうか?
 
 僕はスマートフォンのすべての通知を切っています。
 例えばゲームアプリ、ラインの通知、メールの通知、お店のクーポン情報。
 携帯を開くたびに色々な誘惑があなたに情報を伝えます。
 でもメールだって見る時間を決めれば良いし、ゲームだって夜するってきめておけばいい。
 買い物したいってときだけ、クーポンなんて探せば良いんです。
 人間、まっすーぐ思考し行動してるとみせかけて、そのような通知に例えば一日10分とられていたとすると、一年で3650分。60.8時間も通知を見つめていることになります。
 これをやめるだけでも二日と半日時間がとりもどせることになります。
 
 LINE通知も切ってる!って友達に言ったら先日ひかれました!
いえーい!
 

f:id:mirin9:20200109190401j:plain

 ②パソコン、スマホの背面を黒にしろ。充電ももつようになる!

 
 大好きなものをスマホやパソコンの背景にする人がいます。
 もしくは自分に語り掛けたい言葉を常に貼っている人もいます。
 
 もちろん、それであなたが癒されているならとても良いんです。
 ただぼくはいつも、最初にお気に入り画像を貼りつけると、結局その画像に飽きてしまったり、言葉は効力を失ってしまいました。
 
 そんなあなたなら、スマホやパソコンの画面は黒で統一しましょう。
 余計な色や、キャラクター、考えることがらは減らしてシンプルにしましょう。
 
 スマートフォンは黒背景にすると充電が持つようになり、あなたの無駄な充電セットの時間を軽減してくれます。

f:id:mirin9:20200111160931j:plain

③時間がない、という固定概念を捨てる。

 
 時間がない、時間がない、といつも思っていませんか。
 
 こういった考え方は習慣にするのが、すごく難しいのですけど。
 
「そもそも時間がないという事はない。慌てる必要のあることなんてほとんどない」
 
 本当に取り返しのつかない事以外は慌てる必要がないと思いませんか?
 しかも本当に大切なことこそ、しっかりと落ち着いて、万全の準備で勧めるべきです。
 
 慌てることこそがあなたの大切なおだやかな時間を奪っているんだって思っています。
 
 急いでいるから物を忘れる。そして時間を失う。
 慌てているから物を落とす。そして時間を失う。
 動揺しているから心が安定しない。そして時間を失う。
 
 慌てる必要なんてないんだと思います。
 

f:id:mirin9:20191230215848j:plain

④物を捨てる

 管理するものが多ければ多いほど、時間は奪われます。
 
①物を探す時間
②物を掃除する時間
③物をメンテナンスする時間
④物に気を取られる時間
 
 ミニマリストになったほうがいい!というわけでは全然ありません。
 
 まわりのゴミを整理しましょう。
 2年も3年も使ってないものは捨てましょう。
 物置で絶対使う事のないのに放置してある家電の箱は捨てましょう。
 何を書いてあるのかもわからない書類も捨てましょう。
 よれてしまって、部屋着にしようかな~なんて思っている服は捨てましょう。
 
 それだけでもあなたの時間をモノが奪う事は減るはずです。
 
 
 今日は時間を大切にする、をテーマに記事を書かせてもらいました。
 読んでくださってありがとうございました。