みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

「ミニマリストって生きてて楽しいのか?」って聞かれた。 楽しいに決まってるだろバカ!

スポンサーリンク

f:id:mirin9:20191230215935j:plain

 こんにちはミニマリストのみりんです。

 このブログでは読んでくれた人の肩が軽くなるような情報を発信しています。
 
 この前職場の人にかなり直球で
「そんなにモノを捨てて、ミニマリストって生きてて楽しいの?」
 
 って言われました。
 結構楽しいっすよ~なんて楽に流しましたけど心の中では
 
 ばっか超たのしいよ!と僕は思っていました。
 
 その理由を今日は列挙してみようと思います。
 
 
 以下四つの理由でとっても楽しいと思っています。
 
  1. 不便だから楽しい。  
  2.  遊びはスマホに収まった 
  3. そもそも、大変そうっていう勘違い
  4. きれいな部屋って楽しいよ  

f:id:mirin9:20191224185449j:plain

 

①不便だから楽しい。

 
 ゲームプレイ実況などでは当たり前の言葉「縛りプレイ」ってありますよね。
 例えば低レベルでゲームをクリアするとか。特定のアイテムを使わないとか。
 
 ミニマリストもそれと同じ楽しみ方ができると思っています。
 
 ミニマリストも「あれ、これなくてもイケるんじゃね?」と手放してみたり。
 もしくは、こっちの道具を使えば、こっちは手放せるんじゃね?
 と考え巡らせます。
 
 自分の生活でいかにシンプルな導線を築きあげていくか。
 なくてもへいき!っていうパターンと
 不便にちょっとなったかもだけど、こっちでも全然いける!みたいな。
 そういう楽しさがあります。
 
 
 

②遊びはスマホに収まった

 
 ミニマリストが生まれたのは、確実にスマートフォンの普及。そして様々なシェアの
 サービスの普及が大きな理由だと思います。
 そして、今やほとんどの僕らの「家での」遊びはスマートフォンに収まっているといってもいいと思います。
 
 ゲームもスマホでできるし。映像もスマホで見れるし。
 絵だってスマホでかけたり。曲だってスマホで作れたり。
 動画編集だってスマホでできる。
 
 ちょっとピーキーな考えかもしれませんが、それぐらいにスマホはたくさんの遊びをぼくらに提供してくれています。
 コスパがよすぎるんですね。
 
 例えば、カードゲームをしたいと思ったら、もちろん60枚のデッキ1つではなかなか遊べません。
 あのカードを集めて、このカードをフォルダにしまって。そうやってものは増えていきます。
 しかし同じ楽しみを、スマートフォンの中のアプリなら
 コレクター欲を満たしながら遊ぶことができます。
 そしてスマホとカードゲームのデッキってほぼ同じくらいのサイズですよね。場所的コスパが最強なんだと思います。
 
 いやーすごい世の中だ!
 

f:id:mirin9:20191224185458j:plain

 

③そもそも、大変そうっていう勘違い

 
 大変ではなくて、ただ楽しいだけですよ。
 考え方として、べつにガラーンとした部屋に住むのがミニマリストなんじゃなくて
 自分にとって絶対に譲れない必要なものを考えて、取捨選択をして。
 楽しめる最小限を探していること。
 
 その「方針」がミニマリストだと思ってます。
 
 だから、例えば、絶対に本を集めるのだけは譲れない!って人がいて
 本に埋もれた生活だったとしても、それが絶対に譲れないと、これが最小限だ!といえるのなら、それも一つのミニマリストだと思います。
 
 あとはKindleとか
 耳でする読書のAudibleとか、こういったサービスも広がっています。
 
 
 

④きれいな部屋って楽しいよ

 
 僕は家事も掃除も管理苦手だったので、ミニマリストになって本当によかったなと思っています。
 いつでもきれい。生きるのがらく。あー。すっきり。
 そういった、ととのった気持ちにいつもしてくれるので、生きるの最高になりました。
 昔は汚部屋でカップラーメン放置したり…。洗濯物をベッドに放置したり…。
 思い出したくもないぜ!
 
 あとは時間がとっても浮きます。
 
 
 
 人間は年間で40時間という時間をモノを部屋で探している時間にとられるそうです。 少ないからこそ、すぐにモノがみつかるし、快適ですよ。
 
 
 
 以上四つの理由で、毎日快適にそしてさらに身軽にすべく毎日モノと向き合っております。
 らくになった時間でゲームして。ブログ書いて。作曲して。
 おだやかに生きております。
 
 
 
 
 
 おまけ。
 モノを減らしだしたら、捨てるのと同時にモノを店やメルカリで売ったら
 なぜかちょっとお金も増えます!
 
 
 今日も読んでくださってありがとうございました。