みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

ミニマリストは考えた。年間、10万円単位で安くする引っ越し術

スポンサーリンク

こんにちはミニマリストのみりんです。

このブログでは読んでくれた人の肩に乗った荷物が少し減らせるような情報を発信しています。
 

f:id:mirin9:20200123184128j:plain

 
 もう少しで春ですね(ちょっと早いか)
 一人暮らしをはじめたい!という方は多いと思います。
 
 ちょっとした知恵やミニマリズムを使えばそのハードルはググ!っと下がります。
  
 
 今月僕も引っ越しを行いまして、いろいろ調べたおかげ+自分がミニマルな生活をしていたのでかなり初期投資額をかなり抑えることができました。おそらく、年間単位で十万では効かないレベルの節約になったと思うし、一人で暮らすのはめちゃくちゃ楽になりました。
 
 

 こういった方法を用いれば、かなり一人暮らしの投資額が安く、楽になるよ!っていう情報をまとめ読んでくださっている方にお伝えしたいと思います。

 
 目次
 
①なるべく狭い賃貸を契約  
②四月からの夏のシーズンに引っ越す
③駅までの徒歩を毎日のウォーキングと考えて、少し遠めにする
④マンションの五階を狙って引っ越す
⑤プロパンガスではなく、都市ガスを狙う
⑥ネット回線をポケットWifiに切り替える
⑦火災保険は自分で加入する
⑧なるべくレンタカーなどで自分で引っ越しを終わらせる
⑨なるべく機能のない暮らしに慣れる
⑩交渉する
⑪東京の方で最安値を狙うなら八王子付近がねらい目
 

f:id:mirin9:20200123185554j:plain

僕の家の家賃です。都内に出やすい埼玉で37000円。鉄筋コンクリート角部屋です。
 
 

①なるべく狭い賃貸を契約  

 
 自分にとっての「最低限の暮らし」というのは様々あると思うのですが、やはり狭い部屋なほど大きな部屋よりは家賃は安くなります。
「立って半畳、寝て一畳」という言葉もあります。
 ミニマルな暮らしを心がけていれば、こんな感じで4.5畳の収納のほぼない部屋でも、結構ひろびろと使えます。
 f:id:mirin9:20200119152211j:plain
 
 引っ越しにあたってまずは自分の持っていくものを最小限にするようにしましょう。
 そうすれば狭い部屋でも大丈夫だし、例えばレンタカーなどで業者を使うことなく引っ越しが可能です。
 
 強引に狭い賃貸を契約して、これを機に断捨離してしまうのもとてもいいと思います。
 
 

②四月からの夏のシーズンに引っ越す

 
 やはりシーズンオフは安い傾向にあるようです。
 1月~3月のピークでは大家も次々と家が決まっていくので不動産の担当の方も
 「この時期は敷金、礼金を乗っける賃貸物件も多いです」と言っていました。
 少し物件数は減るかもですが引っ越すなら夏~秋の方が圧倒的にお得だと覚えておくと良いと思います。
 また、シーズンオフなら交渉もしやすいと思われます(大家も部屋を開けておくのは負債になってしまうので、すぐに決めてくれるならと家賃や、契約の金額を下げてくれる可能性があります)
 

③駅までの徒歩を毎日のウォーキングと考えて、少し遠めにする

 
 僕は気づきました。「通勤でストレスなのって電車に乗っている時だ!」と。
 通勤時間が長くはなってもいいけれど、電車に乗る時間を短くする。そう決まれば、探すマンションの幅はぐっと広がりました。
 
 しかも健康のために毎日駅までウォーキングするのは
 かっな~~り有用性を認められています。
 
例えば「十二分のウォーキングで幸福度が超上がる」

   「歩くだけでも頭が良くなる」

   「歩けば良いアイデアを思いつく」などなどなど。

yuchrszk.blogspot.com

 
 こういった記事もございます。 
 
 駅から離れれば離れるほど、家賃は下がっていきます。
 なので、自分が軽い運動に良いかもな。くらいの駅からの距離の物件を選ぶ事をおすすめします。
 僕は10分くらいなら毎日歩くのも苦ではないなと思いました。現在は「往復で1時間徒歩。1時間電車」という感じで過ごしています。
 

f:id:mirin9:20191224185540j:plain

 ④マンションの五階を狙って引っ越す

 
 エレベーターのない5階建てのマンションはねらい目です。マンションは「6階からはエレベーターの設置」が義務付けられています。
 そして五階は同じ物件でも、数千円単位値段が下げられている事が多いです。
 
 先ほどのウォーキングと同じですが、毎日「自然にやるようにする運動」は
 強引に本人の基礎代謝を上げることになります。健康のためと割り切って高い階層に住んでみるのもとても良いと思います
 
 

⑤プロパンガスではなく、都市ガスを狙う

 
 プロパンガスと都市ガスはかなり月の値段に差があります
 もしも料金が都市ガスが7000円ならプロパンガスは11000円もの値段差が生まれます。
 
 
 安い家賃に乗っかって契約せずにできるだけ都市ガスの賃貸を選ばないと
 あとになって、ガス代金で賃料を払うという失敗が起きてしまいます
 しっかり調べましょう。
 
  

⑥ネット回線をポケットWifiに切り替える

 
 これは結構なんども書いているのですが、本当にお得だと思って、何度も書きます!
インターネット回線は平均でもだいだい4500円ほどかかりますが、最近出てきた下記のようなポケットWifiなら3200円(永年)で使うことができます。
 引っ越しにあたって切り替えてしまいましょう。
 
 ポケットWifi(家と外で両方使用)3200円
 低ギガのスマホプラン 1500円(LINEモバイルとか) とかで運用すれば、引っ越し次いでにかなり生活費を削減できます。
 
 ぼくはこんな感じでポケットWifiを選びました 
 

⑦火災保険は自分で加入する

  

 法律で火災保険は不動産側は強制することができません。

 
しかしだいたいは結構な年1万越えなんている火災保険にいれられる事もあるそうです。「強い思いで、入りたい火災保険があります」と不動産の担当さんにきちんと伝え、ネットなどの火災保険に加入しましょう。僕が利用した火災保険はこちらです。
年間4000円です。
 
 
 入りたい保険を見つけたら、電話を一本火災保険会社にかけて登録方法などを聞いて加入すれば、難しいことはありません。これだけでもかなりの年間の節約になるはずです。
  

f:id:mirin9:20191224185501j:plain

⑧なるべくレンタカーなどで自分で引っ越しを終わらせる

 
 引っ越し業者は当たり前ですがお金がかかります
 単身の20km以内の引っ越しでも平均で35000円ほどの価格がかかるようです
  なるべく友人や知り合い、家族に頼んで引っ越しを個人で済ませてしまえるようにしましょう
 そういった際にも持ち物は少ないほど、楽にすみますよ!
 
 

⑨なるべく機能のない暮らしに慣れる

 
 おうちというのは機能に応じてどんどん値段が当然ですが上がっていきます。
 フロトイレ別にすれば月1万家賃があがる
 独立洗面台にすれば月1万家賃があがる
 オートロックにすれば…二口コンロにすれば…オール電化にすれば…部屋数を増やせば…等です。
 
 しかし、そんなに必要でしょうか?
 ジムを常に利用する人なら、ユニットバスをトイレにしてしまってお風呂は常にジムを利用するとか。
 独立洗面台ではなくても、大きめの鏡を買うとか。
 
 日々取られていく賃料は本当にばかになりません。
 月々50000円の家賃で3年住んだら180万円を特に何もしてくれていない、場所を貸してくれただけの
 大家に支払うことになります。
(それが相場と言われればそれまでですが、下げれるものなら下げたいはずです)
 
 小さな暮らしになれたほうが、もっとほかの事にお金を使うことができるようになります。
 

f:id:mirin9:20191209191751j:plain

 

⑩交渉する

 
 成功する確率は物件によってなのですが、いうのはタダです。交渉してみましょう。
「よかったら一か月フリーレントとか付けていただけると…お金が心もとなくて…」
「今日契約するんで、よかったらー家賃2000円くらい下がったりしませんかねー」
 といったように、シンプルで分かりやすい交渉をするととても良いです。
 相手にもメリットを提示しつつ交渉できればよりグッドです。
  
(不動産の方曰く、関西ならば交渉が当たり前なので、最初からある程度値段をあげてあり、下げやすいとの事です。関東だと安い物件は最初から値段を落とし切っている場合のほうが多いとおっしゃっていました)
 
 

⑪東京の方で最安値を狙うなら八王子付近がねらい目

 
 西八王子駅、日野駅、あたりには3万円以下のような物件もごろごろしています。
 東京都ですよ?ただし、過疎地と言うと聞こえは悪いですが、落ち着いた場所になるようです。それでも電車ですぐに都心にはこれますし、東京で家賃の最安値を狙うなら、是非八王子付近で検索をかけてみてください。
 
 いろんな地域の相場を調べてみて、自分にとって最適な場所を選べたら素敵ですね
 
 

 最後に。

 安くて、過ごしやすい。というテーマで今回記事を書かせていただきましたが、何よりも足を必ず運んで空気を掴んでみてください。
 その町を好きになれそうかなっていうのはやっぱり行ってみて、初めてわかります。
 お部屋は恋人!みたいな考え方もできると思います。会った事も無い人と結婚できませんよね?
 
 粘り強く、そして自分なりの正解を探して欲しいです。
 僕が引っ越しの際に利用したサイトを追記しておきます。
 
 読んでくださってありがとうございました。