みにまるみりん

肩から荷物を降ろすミニマリズム

ずっと欲しかったものが揃った。この先どうしたもんかな。

スポンサーリンク

f:id:mirin9:20191224185600j:plain

 昨日友人たちと買い物とサウナに行った。たくさん選んでブラウンのシェーバーを購入した。2万円程。JCBのギフト券も5000円分つくし、ポイント還元率で10%戻ってきて、さらにクレジットカード払いだったので楽天のポイントも付く。すごい時代だ。

 そのシェーバーのポイントでゼルダの伝説「ブレスオブワイルド」を2000円くらいで買った。このミニマリスト生活を初めて、白黒で部屋を統一したい。であったり、常に日常で使うものは一定の水準をクリアしたお気に入りのもので固めようと思っていたのだが、丁度そのゲームとシェーバーで俺の部屋は完成した。

 別に今は欲しいものが本当になくなった。ゼルダの伝説を今日一日中やっていて、大きいテレビあったらいいのにな~とは思うけれど、あったらいいな。なので別にいらないと思っている。

 長かった買い替えや契約切り替えの時期が終わったと思った。

 

 高すぎる家賃を辞めて、引っ越して新しい家にした。

 保険を解約して、まっさらな状態にした。

 ソフトバンク光をやめて、ポケットWi-Fiに切り替えた。

 一口コンロを最適化するために、あたらしいまな板とよく切れる包丁と1口コンロ用の収納棚を買った。

 服装をお気にいりで固めるために「ピーコート」「スキニーパンツ」「統一の10足靴下」「スウェットパンツ」を買った。

 美容関係なら姿身を捨てて「小さな自立鏡」を買った。安いドライヤーを捨ててパナソニックの「ナノイードライヤー」を買った。

 ちょっとは遊びが部屋に欲しくて「ニンテンドースイッチ」を買った。

 部屋を白黒青に統一するためにもベッド類をあらかた手放して「黒い毛布」「黒い布団」「黒い枕」を購入した。

 ステンレスのせんたくばさみを買って、100均のものを手放した。

 

 最後あたりにお金をバンバン使うのもためらっていたものもだいたい買えた。「ゲーム機」「シェーバー」「ドライヤー」がそこらへんに当たる。

 

 お、おれは一体この後なにをしたらいいんだ。という状態になった。

 このブログやみりんというものはそのおれの活動記録の日記のようなものだ。なんとなく自分の中で完結感が漂ってしまっている。うーん。

 落ち着いたのだから、ミニマリストという準備を経て、曲かけばいい、小説かけばいい、なんでも出来るんだけど、うーーーーん?となっている。

 本も読んでいるし。新しい文化に触れるという意味でサウナに行ったりもしている。友達とも楽しく遊べている。十二分に幸せだ。

 

 うーーーーーん。

 

 どうしたもんかなあ。