液体窒素と兎の唄

まだ生きてる

わからんもんが怖い

スポンサーリンク

f:id:mirin9:20200111160711j:plain

 株とか証券とかの記事を見ても何いってっかわかんねーと思っているみりんです。何か簡単そうな本を一冊図書館で借りてみようと思っています。

 数年前よりはよほどおびえなくなりましたが、新しいものはいつだって怖いし、変わっていくことに人間ってのは怯える性質があるそうで、いつもそこに敵対だけはしていこうという心持ちがあります。

 

 そこに立ち向かう意味でもミニマリズムはとても自分の精神を鍛えてくれたと思います。モノを捨て続けるってことは自分にとって必要と不必要を取捨選択して、最適化を目指すってことなので、新しいライフスタイルに対して積極的だからです。

 いったん、そのミニマリストになるという目標が成就してしまって、わからんもんがまた怖いフェーズに入っています。

 

 

 怖いというより、めんどくさくて何もしたくない。

 

 

 こうしたほうがいいよ、ああしたほうがいいよ。

 副業したほうがいいよ。転職したほうがいいよ。人生一回だから夢みたほうがいいよ。料理したほうがいいよ。ゲームしたほうがいいよ。損しないほうがいいよ。株やったほうがいいよ。投資したほうがいいよ。遺書書いたほうがいいよ。

 

 そういった世の中からの声があふれている。

 自分から情報を拾いに行ったから、そんな幸福への切符が頭の中に転がっている。

 自分で集めたくせに、うんざりしている。

 

 うるさい!

 

 そりゃーそうなんでしょうけれど、そもそももう、別に色んなものがいらん。

 いらんからほっといてくれ。そしてほっておかれたら、ひま。

 

 というまったくもって何がしてーんだかわからないような袋小路に入り込んでぐちゃぐちゃしています。

f:id:mirin9:20191224185603j:plain

 だから今日のタイトルは正確には「わからんもんは別にそんなに怖くはないけれど、なんかよくわからんけど、気持ち的にぐちゃぐちゃしてて、色々めんどい」

 めんどいじゃないか。。

 

 欲しくもないものを欲しがれない。

 気持ちが膨らまなきゃ立ち上がることもできない。

 ゆるゆると時間だけが過ぎていく。

 なにかもっとハマりたいなあ。

 そんな感じ。

 

 感情論のブログなど、鼻をちーんってして捨てるティッシュみたいに無駄かもしれませんが、まあ。気持ちの掃き出し場所として、こうやってやっていくのはまあ悪くもないのか。お暇な方がいたら読んでくれていたらそらうれしいけども。

 

 有益ではない。

 

 なにやってんだか。また独り言をいって今日も終わります。

 今日も読んでくださってありがとうございました。